忍者のFX

スキャルからスイングまで! 初心者が少ない元手で勝つためのFX動画&ネタ満載!

インヴァスト証券で70ティックチャートは使えるの

time 2017/08/02

ボブ・ボルマンの70ティックチャートを使ったスキャルピング。

てっきり、国内ではIG証券でproRealtimeチャートを使うしか道はない、と思っていたのですがAmazonのレビューでインヴァスト証券でも可能なのでは? と教えてもらいました。

インヴァスト証券のFXは種類が豊富なので注意!

さて、では早速インヴァスト証券で口座開設です。

70ティックチャートが使えるのは、その中でも「FX24」というシステムです。

インヴァスト証券には、大きく2つのFXがあって、一つは一般的なもの。もう一つは取引所取引、つまりくりっく365による取引となります。これは、申し込みの段階からまったく別物ですので注意が必要です。

前者の一般的なものもシステム的には3つにわかれますが、そのなかでも「FX24」というシステムで70ティックチャートが使えます。他は、システムトレード用の取引になりますので間違えないようにしましょう。ただし、こちらは申し込みは「FX24」と申し込む必要はなく、一般的な取引(店頭取引)を選べば自動的に「FX24」が使えるようになります。

 

口座開設は迅速!

同時期に申し込んだIG証券がちょっと遅かったのに比べ、インヴァスト証券の口座開設は迅速でした。

申し込んだ当日に、「口座情報を記載した書類を発送しました!」というメールが来ました。

 

さて、肝心の70ティックチャートは?

基本、有料のproRealtimeの70ティックチャートにくらべ、インヴァスト証券のチャートはどうなのか?

スプレッドや提示レートの差異などは別記事にてご紹介しています。

 

down

コメントする