忍者のFX

スキャルからスイングまで! 初心者が少ない元手で勝つためのFX動画&ネタ満載!

【ボブボルマン】ProRealTimeで0.1pips単位ではなく1pips単位で表示させるには?【スキャルピング】

time 2017/10/06

【ボブボルマン】ProRealTimeで0.1pips単位ではなく1pips単位で表示させるには?【スキャルピング】

ボブ・ボルマンのスキャルピング手法は、70ティックチャートを使います。

少々特殊なこのチャート、このブログでもどうやったら70ティックチャートが使えるかご紹介してきました。

【関連記事】

【完全無料】70ティックチャートをタダで使う方法【ボブ・ボルマン】

インヴァスト証券で70ティックチャートは使えるの?

 

 

しかし、「FXスキャルピング」で紹介されているボブ・ボルマン手法では、さらにチャートにある条件があるのです。

それは、「1pips」単位でチャートを評させること。逆に言うと「0.1pips」単位(書籍の中では「ピペット」と呼ばれています)を表示させないこと、が必要です。

一見簡単そうですが、「0.1銭」単位でトレードできる業者が大半なこともあり、これを実現させるのはなかなか難しいのです。

参考記事

 

IG証券のProRealTimeチャートは?

本家の「ProRealTime」のチャートが日本語環境で使えるのは、2017年10月現在、IG証券のみです。

しかし残念ながら、IG証券のProRealTimeで70ティックチャートを表示させても、「1pips」単位ではなく「0.1pips」単位となってしまいます。

また、設定で「1pips単位で表示させる」というようなこともできません。

 

こちらは、IG証券版ProRealTimeの70ティックチャート。

ある日のEUR/USD。

0.1pips単位のローソク足になっています。

実際に試してみるとよくわかりますが、これでボブ・ボルマン式のトレードをやろうとしてもなかなか難しいものになります。

たとえ書籍で紹介されているProRealTimeの70ティックチャートを使っていても、です。

 

一方、1pips単位だとこんな表示になります。

隣り合ったローソク足の「高値」「安値」がぴったり揃い、どの長さが「1pips」分かがはっきりとわかります。

 

 

書籍でも冒頭に

どのようなチャートソフトを使っていても、足は1pips単位で表示されるようにしておかなければならないことを強調しておきたい。プラットフォームのなかには価格をピペット(0.1pips)単位で表示するものもあるが、それではダメなのだ。[……]

としっかりと書かれているように、これが結構重要なことなのです。

 

結論は……

いろいろ、模索したのですが残念ながら「日本語ベースで」「無料で」「0.1pips単位ではなく1pips単位で」使えるProRealTimeチャートは見つかりませんでした。

同様の悩みをもつ人は多いようで、数々の対応策がみつかります。

なかには「0.1pips単位のティックチャートでティック数を10倍の700にする」というものもありましたが、まったく使えませんでした。

まだ、普通の1分足でトレードしたほうがボブ・ボルマンの方向性に近いと感じます。

現状、月額の料金を支払い本家のProRealTimeを契約するしかありません。これ以外では、ボブボルマン式のスキャルピングを行うことは難しい、という結論です。

 

 

down

コメントする