忍者のFX

スキャルからスイングまで! 初心者が少ない元手で勝つためのFX動画&ネタ満載!

各社の70ティックチャートを比較した動画がこちらです

本サイトで何度も取り上げている70ティックチャート。

本家のProRealTime以外のチャートでは、ボブボルマン式スキャルピングには向かない0.1pips単位で表示されてしまいます。

関連記事

 

IG証券、インヴァスト証券のティックチャートを同時間帯で比較!

それでも

「別に0.1pips表示でも問題ない!」→IG証券でOK

「とにかく無料で使いたい!」→インヴァスト証券でOK

など、それぞれの考え方があると思います。

そこで、実際のところどれくらい各社の70ティックチャートに違いがあるのか、比べてみるのがチャート選びの近道となりそう。

というワケで、各社のチャートを同時に表示させてみた動画をつくりました。

 

 

チャートはこのように配置しています。

 

なめらかに動く「IG証券版」はロウソク足が0.1pips単位です。

一方その下の、大きくガタガタと動く「本家」のProRealTimeチャートは1pips単位。

ガタガタと動くかわりに隣あったロウソク足の「高値」「安値」がぴったりと揃っていることがわかると思います。

また、どの長さが「1pips」を示すのかがすぐにわかるでしょう。

一方、右のインヴァスト証券版は「まずは、70ティックチャートというものを見てみたい!」という人向けでしょうか。

 

down

コメントする