忍者のFX

スキャルからスイングまで! 初心者が少ない元手で勝つためのFX動画&ネタ満載!

【完全無料】インヴァスト証券で70ティックチャートを表示させる方法

time 2017/10/15

【完全無料】インヴァスト証券で70ティックチャートを表示させる方法

さて、前回、インヴァスト証券で70ティックチャートが使える! という情報をお知らせしました。

前回記事

【完全無料】70ティックチャートをタダで使う方法【ボブ・ボルマン】

今回は、インヴァスト証券で70ティックチャートをどのように導入するのかを具体的にご紹介します。

 

インヴァスト証券の「FX24」を選ぶ

まずは、インヴァスト証券の数多くあるシステムのうち、「FX24」を使用する、ということを忘れないようにしましょう。

口座開設が無事済んだら、「FX24」のリッチクライアントをインストールします。

webブラウザでもFX24は取引できますが、70ティックチャートを表示させるためにはこのリッチクライアント(インストールして使う高機能版の取引画面)をインストールする必要があります。

Myページにログイン後、下記からダウンロード&インストールしましょう。

 

チャートの設定方法

無事、ダウンロード&インストールが終了すると「INV@ST FX24」というアプリケーションが現れます。

これを起動しましょう。

LION FX(ヒロセ通商)などの取引画面に比べると、ひと昔前のあかぬけない印象……ですが、70ティックチャートのためにはガマンガマン。

少々わかりづらいツールバーですが、「ティック」をあらわす「T」のボタンをクリックします。

「T」の横に「足」という入力欄がありますので、「70」と入力します。

これで、70ティックチャートを表示させることができました。

ちなみに、上のチャートの白い太い線は、20本の移動平均線(20MA)です。

ところで、ボブ・ボルマン手法には使えるの?

さて、ここまでインヴァスト証券に口座を開いて70ティックチャートを表示させる方法を紹介してきました。

しかし、「FXスキャルピング」を読んだ人にとって一番気になるのは「インヴァスト証券の70ティックチャートでボブ・ボルマン手法が使えるのか?」ということだと思います。

ボブ・ボルマンの本で推奨されているのは、ProRealTimeという月額4,000円程度の使用料がかかるチャートです、

そこで、次回は今回紹介したインヴァスト版70ティックチャートとProRealTimeの違いを検証していきたいと思います。

 

down

コメントする